• TOP
  • すべて
  • 似たようなサービスでも値段に差が出る理由とは?中小企業も「ブランド」を意識すれば売上が上がる!

株式会社レイゼクスの  似たようなサービスでも値段に差が出る理由とは?中小企業も「ブランド」を意識すれば売上が上がる!

2017/11/01

似たようなサービスでも値段に差が出る理由とは?中小企業も「ブランド」を意識すれば売上が上がる!

似たようなサービスでも値段に差が出る理由とは?中小企業も「ブランド」を意識すれば売上が上がる!

どうも。

仲村です。

 

経営視点が身につく

 

世の中には様々な商品、サービスがあります。

少なくとも、普通に生活していくには困らないほどのモノは溢れていますよね。

 

そうすると、当然その中には同じような商品やサービスもたくさんあります。

 

例えば鞄。

様々なメーカー、ブランドから、ありとあらゆる鞄が販売されています。

 

しかし、一見同じように見える鞄でも、その値段はまちまちです。

1,000円で買える鞄もあれば、100万円以上する鞄も存在します。

 

もちろん、素材や機能性、製作技術などの違いもありますが、それだけで1,000倍の差になるのはさすがにありえません。

 

では、1,000円の鞄と100万円の鞄では何が違うのでしょうか?

 

そう、答えは「ブランド力」です。

 

「シャネル」や「ヴィトン」というロゴが入っているだけで、一気に値段が上がるのです。

これがブランドの力になります。

 

「シャネル」や「ヴィトン」を買う人は、素材や機能性にお金を払っているわけではありません。

 

「シャネル」や「ヴィトン」というブランドを身に付けているという「ステータス」にお金を払っているのです。

 

つまり、「シャネルを身につけている私」「シャネルを持つ事で得られる周りから視線」をイメージし、その対価として100万円を支払っているということになります。

 

そのため、「シャネル」を選ぶ人にとっては「シャネル」でなくてはいけませんし、「ヴィトン」を選ぶ人にとっては「ヴィトン」じゃなくてはいけないわけです。

 

どんなにいい素材を使っていようが、とんでもなく使いやすい機能をアピールしようが、無名のブランドでは同じ土俵にすら立てないという事になります。

 

サービスに「ブランド」の意識を

サービスに「ブランド」の意識を

 

営業や経営の悩みを聞いていると、

「以前より単価が安くなっている・・・」

「同じようなサービスは売れているのに・・・」

というような声はたくさん聞きますが、それはブランド力に差がある可能性があります。

 

先程のような鞄などであれば分かりやすいのですが、ここでいう「ブランド力」というのはどんな商品・サービスにも当てはめることができます

 

特に、モノではない「サービス」を扱っている企業こそ、ブランドを意識する事は重要です。

 

例えば、コンサルタントなんかで言えば分かりやすいですが、月の顧問料が5万円の人(会社)もあれば、100万円する人(会社)もいます。

同じ「人間」が同じ「時間」をかけているにも関わらず、です。

 

それでも、顧客からしたら「5万でも高い!」と思うかもしれませんし、人によっては「100万なら安い!」と感じるかもしれません。

 

これは、その人(会社)の経験や能力ですが、要は「私(弊社)はこれだけの経験があるので高いんですよ」というブランディングが出来ているわけです。

 

「その人(会社)だったらこの金額でも妥当だよね。」と思われれば、ブランドとして成功していると言えます。

 

レイゼクスの例

 

また、弊社自身を例に出せば「1〜20名程度の小規模クリエイティブ企業に特化した営業代行」という日本で唯一の「ブランド」を意識しています。

そのため、このブログやSNS、通常の営業などでもそういった点を前面に出し、そのような認知をしてもらうような露出を心がけているのです。

 

そうすることで、「小規模クリエイティブの営業ならレイゼクス」というブランドが出来ていくわけです。

 

実際に、弊社にお問い合わせを頂く内容は、以前は様々な業種や規模の企業様から頂いていましたが、今では「小規模クリエイティブ」に該当する企業や個人事業主がほぼ100%になっています。

つまり、自分たちが想定している顧客層から選ばれている、ということです。

 

その結果、他社と比較されるケースも通常より少なくなり、無駄な値下げや売り込みをする必要がなくなりました

 

また、仕事以外にも、「営業っぽくない」「たくさんご飯を食べに行く会社」「社員旅行によく行く会社」「社員、アルバイトなど問わず社内の仲が良い会社」というイメージを持ってもらいたいため、そう思わせるようなブランディングを意識して情報発信をしています。

 

なぜこのようなイメージを持ってもらいたいかというと、私も元々思っていたのですが、クリエイティブ業界の人って営業に対して「営業ってなんか嘘くさい」「営業マンってとっつきにくい」「それっぽい事言ってるけどよく分からない」という思いを持っていると思ったからです。

 

そのため、顧客に合わせて「営業っぽくない」「クリエイティブに近い」雰囲気を意識し、行動しています。

 

そうすることで、社風や社員を見た上で気に入ってもらった人だけを選別できるので、お互いがストレスなく仕事ができる関係が築きやすくなるのです。

 

もちろんまだまだ足りない点も多く、今後もっと認知を広げていかないといけないのですが、我々のような小さな会社でも、「どのように見られたいか」「どのような顧客と付き合いたいか」という事を意識してブランディングをする事で、少なからず「ブランド」を持つ事が可能になります

 

逆に、知名度や体力のない中小企業こそ、こういったブランドを意識していかないといけなのではないかと感じています。

 

◯◯と言えば◯◯!

ブランディング ベンチャー企業

 

「ブランド」と言うとかなり重い感じに捉えてしまうかもしれませんが、ここで言うブランドは、簡単に言えば「◯◯と言えば◯◯(会社名やサービス名)だよね!」という認知を広げるという事です。

 

「小規模クリエイティブの営業ならレイゼクスだよね!」と思われればこっちのもんです。

 

その時点で、相手にとって自分たちは第一候補になります。

 

仮にそういったイメージがない場合はどうなるでしょう?

 

その時に必ず起こるのが「比較」です。

同じような会社、サービスを並べて、「どこが安いのだろう」「どこが良いのだろう」と比較されます

 

その場合、ほぼ間違いなく「価格比較」になってしまうと考えていいでしょう。

 

なぜなら、相手からしたら「どの会社を選んでも同じ」だからです。

 

鞄でも、ほとんどデザインが同じでブランドも全部知らないものだったらどれを選んでも変わらないですよね。

そうすると「値段が安いやつにしよう」となると思います。それと同じです。

 

だからこそブランドを意識する事が大切なのです。

 

まとめ

 

「見た目や内容はそこまで大差ないのに、天と地ほど値段が違う」

 

ということは、さほど珍しい事ではありません。

 

そられは「ブランド力」の差です。

 

そして、経営者にとって「自分はブランドなど関係ない」という発想は非常に危険です。

 

制限も少なく、動きの早い中小企業こそ、ブランドを意識して行動する事で良い結果に繋がっていきます。

 

特に目に見えない「サービス」を扱っている企業ほど、ブランドが確立することで強くなります。

 

それが結果的に単価を上げ、売上を伸ばすことに繋がっていくのです。

 

「思うように顧客が増えない」「単価が下がってしまっている」「売上が伸びない」など営業のお悩み・課題がある方は、そういった事を意識するだけでも環境は変わると思います。

 

「他社事例を知りたい!」

「自分たちに合うブランドを客観的に見つけたい!」

という方は是非お気軽にご相談下さいませ。

 

レイゼクスお問合せ先