• TOP
  • すべて
  • 部下に任せられない上司が急増中!?小さな成功体験を重ねて成長スピードを早めるマネージメント方法とは?

株式会社レイゼクスの  部下に任せられない上司が急増中!?小さな成功体験を重ねて成長スピードを早めるマネージメント方法とは?

人気記事BLOG

部下に任せられない上司が急増中!?小さな成功体験を重ねて成長スピードを早めるマネージメント方法とは?

部下に任せられない上司が急増中!?小さな成功体験を重ねて成長スピードを早めるマネージメント方法とは?

どうも。

 

仲村です。

 

こんにちは!

 

会社を設立して早くも1年以上経ちました。

 

お客さんゼロ、見込み客ゼロからスタートした弊社ですが、

おかげ様で120社を超える企業様とお取り引きをさせて頂いており、

現在もたくさんのお問い合わせを頂いております。

大変ありがたいことです。

 

 

現在の弊社の営業体制としては、

役員の井上、原を中心として

2つのチームに分けて営業活動を行っております。

 

ゴリラ いのうえ(ゴリラ♂)

 

取締役原紀子誕生日はら(アイス♀)

 

さて、今でこそ売上のほとんどは役員の2人を中心にあげており、

立派な営業マン(ウーマン)として活躍しておりますが、

会社設立前は2人とも一人でクロージングが出来ませんでした。

 

つまり、一人で売上を上げる事が出来なかったのです。

 

 

独り立ちする為に必要な事とは?

 

成長する為には!

 

では、どのようにして一人で売上を上げられるようになったのか?

 

答えは簡単です。

 

成功体験を重ねさせ、自信を付けさせていったのです。

 

 

営業にとって、一番自信が付く事と言えば、

やはり「売上を上げる」こと。

 

金額が安かろうが、時間がかかろうが、

一人で「お客様からお申し込みをもらう」ということは、

何よりの自信に繋がります。

 

なので、もちろんケースによっては自分も同席し、

営業する事もありましたが、基本的には会社設立当初から、

2人には一人で営業に行ってもらうようにしました。

 

前述の通り、当初はお客様ゼロの状態でしたので、

受注はのどから手が出る程欲しかったですが、

半年、1年後、5年後を考えて戦略を立て、

営業は二人に任せる事に決めました。

 

 

 

上司や先輩が付いていって受注するのは簡単です。

 

しかし、それでは部下が成長しません。

いつまでも出来る人に依存してしまう悪循環が生まれます。

 

 

そんな期待に応えるように二人ともどんどん売上を

上げられるようになりましたが、大きな転機はやはり

「初めて自分一人で受注出来た事」でした。

 

一人で受注出来るようになってからは責任感も増し、

自信を持って営業が出来るようになったのです。

 

今では後輩と一緒に受注も出来るようになり、

下の世代にそのやり方が伝わっていってます。

 

今すぐ出来る事

 

もしもあなたが営業部でマネージメントをする立場であれば、

小さくてもいいので、「成功体験」を多く積ませるようにして下さい。

 

例えば営業で言えば、

 

「アポイントが取れた」

 

「一人でサービス説明が話せるようになった」

 

「簡単な資料がつくれるようになった」

 

「今まで断られていた断り理由を切り返し出来るようになった」

 

「一人で申込書をもらう事が出来た」

 

「後輩を連れて受注する事が出来た」

 

など、

「これまで出来なかった事が出来るようになった」

という体験をする事で、自信になり、仕事が楽しくなり、

成長スピードが速くなるという循環を作り出す事が出来ます。

 

能力で言えば、上司の方が上なのは当たり前です。

 

ただし、だからと言って全てを自分でやるのではなく、

「信頼して任せる」事、そして何かあった時には

自分が責任を取る、という勇気がないと

マネージメントをする資格はないと思います。

 

会社、部署全体の力を底上げして、強固な組織をつくることが

安定した売上をつくる最短の方法かもしれません。

 

ケーキ食べたい

 

ダイエット中だからケーキを食べようか悩んでいる原さん。

この記事を書いた人

仲村 達史

仲村 達史

東京都練馬区出身。昔は夢の内容をコントロール出来る能力を持っていた。(と言い張っている。)好きな言葉は「炭酸飲料水」「3安打完封」。最近反町隆史のカッコ良さに改めて気付く。2013年レイゼクス創業。六本木ヒルズが好きだからヒルズの近くにオフィスを構える。

最近書いた記事