• TOP
  • すべて
  • ディズニーランドに学ぶ「低価格路線」からの脱却!ディズニーのブランディングはなぜ高い金額でも売れるのか?

株式会社レイゼクスの  ディズニーランドに学ぶ「低価格路線」からの脱却!ディズニーのブランディングはなぜ高い金額でも売れるのか?

人気記事BLOG
2014/10/01

ディズニーランドに学ぶ「低価格路線」からの脱却!ディズニーのブランディングはなぜ高い金額でも売れるのか?

ディズニーランドに学ぶ「低価格路線」からの脱却!ディズニーのブランディングはなぜ高い金額でも売れるのか?

こんにちは!

 

原です!!

 

お問い合わせお待ちしております!

 

先日、弊社スタッフがディズニーディズニーランドに行って、

お土産を買って来てくれました!

 

ディズニーお土産

 

ディズニーお土産1

 

いいなぁ〜

ディズニーいいなぁ〜

 

ちなみに私がディズニーで一番好きなキャラクターはミッキーです!

普通ですね!!

 

それにしても、ディズニーは凄い人気です。

 

開園30周年を迎えた2013年には、年間の来場者数が

3129万8,000人!!!

とんでもない数字ですね!

 

ちなみにゲスト1人あたりの売上高は11,076円だそうです。

 

と、いう事はですよ、、、、

 

単純計算で年間売上が3466億円にもなるという事です、、!!

 

恐るべしオリエンタルランド、、、!!

 

 

入園料以外の売上

舞浜

年間3466億円もの売上がありますが、

当然売上は入園料だけではありません。

 

そう、冒頭に出て来たような「お土産」や「グッズ」の売上も

相当な割合を占めていると言います。

 

確かに、私もディズニー行ったらお土産やらグッズやら、

なんかよく分からないけどいっぱい買っちゃいます!!

財布の紐を緩くする魔法があるんですかね、、、

 

「高くても売れる」ディズニーに学ぶ所は、

企業として見た時にたくさんあります。

 

ディズニーのグッズが売れるのには、営業的な目線で見て

大きく理由が3つあると思います。

 

 

①非現実的な空間作り(ブランディング)

園内からは外部の建物等が一切見えない、園内にカラスはいない、など、

徹底した「夢の国」を作り上げるディズニーランド。

その徹底ぶりはまさに夢の国で、非日常的な空間にいる事で、

お金をに対する感覚もいつもと少し変わるのかもしれません。

私も、普段は1円単位でケチるのに、ディズニーに行くと

1万円とか平気で使ってます。。。

 

②魅力的なイベントが多い(マーケティング)

ハロウィンやクリスマス、30周年キャンペーンなど、季節や時期に合わせて

様々な魅力的なイベントを行っているのもディズニーの特徴です。

ついつい欲しくなる「限定グッズ」などを多く取り揃えています。

 

③キャラクター(差別化)

ミッキーを始め、ディズニーには魅力的なキャラクターがたくさんいます。

ディズニー自体にもそうですし、各キャラクターにもファンがたくさんおり、

「ディズニーブランド」を作り上げています。

ディズニーに行かなくては会えないキャラクターの存在は貴重ですよね。

 

 

まとめ

 

正直、冒頭に出て来たお土産とか、原価など非常に安いでしょう。

でも、我々は買ってしまいます。

 

それは、価格<価値と感じるからです。

 

つまり、中身は同じお菓子でも、売り方によっては100円でも高いと感じるし、

1,000円でも安いと感じる場合もあるのです。

 

このように、商品に付加価値を付けて販売する事で、

より高い利益を出す事が出来ます

 

安易に安売りに走るのではなくて、まずは自社の強みや特徴を見直し、

どのような付加価値を提供出来るのかを一緒に考えてみませんか?!

 

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ!!

はらです^^

 

この記事を書いた人

原紀子

原紀子

レイゼクスのアイドル原ちゃんです! 好きな食べ物は氷です!最近はドトールの氷にハマってます。 会社では営業、広報、経理、赤ちゃんを担当しています! フラフープで踊ってる動画があるので是非探してみてください♡

最近書いた記事