• TOP
  • すべて
  • 優勝者には事業化のチャンス!社内ビジネスコンテストを開催しました!

株式会社レイゼクスの  優勝者には事業化のチャンス!社内ビジネスコンテストを開催しました!

人気記事BLOG

優勝者には事業化のチャンス!社内ビジネスコンテストを開催しました!

優勝者には事業化のチャンス!社内ビジネスコンテストを開催しました!

どうも。

仲村です。

 

仲村です!

 

今年もあと約1ヶ月ですね。

 

今年は色々とありながらも、とりあえずは順調に

会社は存続しています。

 

しかし!!!

 

ベンチャー企業として、経営者として、

「現状維持」「衰退」を意味します。

 

つまり、日々「成長」していかなくてはいけないですし、

それを考えていないといけないのです!

 

 

そこで!!

 

来年以降に向けたビジネス・事業を生み出していかなくては

いけないという事で、社内ビジネスコンテストを開催致しました!!

 

 

レイゼクスビジネスコンテスト

レイゼクスビジネスコンテスト

 

さて、このビジネスコンテストの趣旨は、

「新たな事業を生み出して、来年以降、もっといえば

将来のレイゼクスを代表する価値を生み出そう!」

ということです。

 

参加者は、、、

 

ふくしゃちょうです

井上副社長

その腕力を活かしたパワープレーには定評がある。

今回の参加者の中で最も役職が高いという事が吉と出るか。

 

いただきま〜す

原取締役

いつもお腹がすいているハングリー精神の持ち主。

ビジネスとプライペートの区別が付かない。

 

楽勝っすよ!

たにちん

楽しい事が大好き。レイゼクス初期からのインターンメンバー。

「ゲームで攻略に困ったらたにちんに聞け」が社内の合い言葉である。

 

慶応最高!

おおうえくん

入社わずか1ヶ月にも関わらず、社内のムードメーカーに。

慶応パワーで番狂わせを起こせるか。

 

にぎやかし

なんか暇だなぁ

なかむら

とりあえず考えたけど、「社長が参加するのはどうなんだろう」

と考え、純粋な競争にするため今回は辞退する事に。

ちなみに昨年の社内ビジコンでは学生に負ける。

 

 

と、いうことで役員もインターンも関係なく、

ガチンコの戦いが繰り広げられます。

 

優勝者には事業化の権利が

 

ルールを説明。

 

なんと、優勝者には「事業化」のチャンスを!

インターンにとってはまたとないチャンスです!!

 

期待に胸膨らむ

 

 

期待に胸膨らむ参加メンバー。

 

そう、このビジネスコンテストには役員だろうが

インターンだろうが関係ないのです。

 

良いビジネスを考えた人が優勝する。

 

それだけです。

 

いざ、勝負です!

 

ルール説明も終わり、いざ勝負です!!

 

厳正なるくじ引きの結果、まずトップバッターは、、、、

 

井上プレゼン

 

井上でした。

 

さすが堅実な性格が良く出ている、現在の事業との

シナジーを生み出せる事業をプレゼン。

 

 

そして、2番手は、、、

 

たにちんプレゼン

 

たにちん!!

 

ただ一人ワードを使ったプレゼンということで、

華やかさこそなかったものの、内容は非常に面白い!!

若い力が躍動します。

 

 

そして3番目に登場したのは、、、

 

原プレゼン

 

紅一点、原!

女性らしい、というか食いしん坊の原らしいプレゼンを披露し

会場の雰囲気は最高潮に。

 

 

そして、ラストを飾るのは、、、

 

大上プレゼン

 

最年少のおおうえくん!

さすが慶応、この若さにして面白いビジネスをプレゼン!

複数案を出すという欲張りぶりも発揮しました!

 

 

各々がらしさを出し、審査にも迷いますね〜

 

 

結果発表

 

と、いうことで全員が気合いの入ったプレゼンを終了し、

結果の集計を行います。

 

ドキドキで待つメンバー達。

 

優勝すれば、事業化のチャンス・・・!!

 

いったいその栄光は誰の手に・・・!!!!

 

 

いざ、結果発表!!!

 

 

優勝は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

優勝者発表

 

 

なんと、1位から4位まで6点差にひしめく大接戦を制したのは、

インターンたにちんでした!!!

 

 

おめでとう!

 

 

ということで、たにちんがプレゼンした内容を事業化するべく、

早速社内で考えていきたいと思います!

 

 

事業を形にするというのは、10個考えてようやく1つが収益化すればいい、

と言われているくらい難しいものですが、

我々もスピード感を持って色々な事業に取り組み、

新たな会社の未来を作っていきたいと思っています。

 

それにしても、皆時間がない中よく考えてくれました。

 

 

さて、次回ビジネスコンテストは来年春を予定!!

 

それまでにたにちんのビジネス案はどうなっているのか??

 

乞うご期待下さい!!!

 

この記事を書いた人

仲村 達史

仲村 達史

東京都練馬区出身。昔は夢の内容をコントロール出来る能力を持っていた。(と言い張っている。)好きな言葉は「炭酸飲料水」「3安打完封」。最近反町隆史のカッコ良さに改めて気付く。2013年レイゼクス創業。六本木ヒルズが好きだからヒルズの近くにオフィスを構える。

最近書いた記事