• TOP
  • すべて
  • テレアポでのアポ取得率を向上させる方法!【自分】から【相手】に意識を変える!

株式会社レイゼクスの  テレアポでのアポ取得率を向上させる方法!【自分】から【相手】に意識を変える!

人気記事BLOG
2014/12/02

テレアポでのアポ取得率を向上させる方法!【自分】から【相手】に意識を変える!

テレアポでのアポ取得率を向上させる方法!【自分】から【相手】に意識を変える!

こんにちは!

原です!

 

はらです^^

 

 

さぁ、今日もテレアポについてお話ししたいと思います!

 

弊社にもよく電話営業がかかってくるのですが、

実際に話しを聞いてみると、

 

「あぁ、この人はトークスクリプトをそのまま読んでいるな・・」

(トークスクリプトとは、電話での話す内容をマニュアル化したものです!)

 

とか、

 

「あぁ、この人はとりあえず与えられたリストに電話しているんだろうな・・」

 

というのがよく分かります!

 

と、いうことは、あなたがテレアポをしている時、

相手にそう思われているかもしれない、という事なんです。

 

やっぱりそう思ってしまうと、話を聞く気も失せちゃいますよね。

 

折角同じ時間を使いテレアポをするので、

そう思われるのは大変もったいない!

 

という事で今日は、マニュアルだと思われないための

テレアポのコツをお伝えしたいと思います!!

 

その会社に電話した理由

 

テレアポと言えば、文字の如く「アポイントを取る事」

目的として行われる営業手法です。

 

自社のサービスを、まだ知らない方々に知ってもらい、

興味を持ってもらう事が重要なのです。

 

つまり、これまで全く接点のなかった会社や人に、

自分たちの事を知ってもらう必要があるということですね!

 

いきなり知らない人から連絡が来て、業務的な話をされても、

正直あまり興味は湧かないですよね。

 

かと言ってトークスクリプトがなければ、どうしても属人的になってしまいますし

よっぽど慣れている人でないと上手く会話が出来ない可能性があります。

 

そんな時に効果的なのが、

「わざわざ御社(あなた)を選んで電話しているんですよ!」

というのを伝える事なんです。

 

もちろん直接伝える訳にはいかないのですが、

ちょっとした一言で印象を変える事が出来ちゃいます。

 

 

その一言とは、例えば、

 

「御社のホームページを拝見しているのですが、、、」

 

「御社が○○という事業をされているのを拝見したのですが、、、」

 

「御社の○○の実績に興味があったのですが、、、」

 

など、要は

「不特定多数に電話しているんじゃなくて、

あなたを選んで電話したんですよ」

と思ってもらうのです!

 

つまり、

 

営業マン

「レイゼクスの××ですけど、実は弊社が○○という事業をやってまして〜」

 

ではなく、

 

営業マン

「レイゼクスの××ですけど、実は御社のホームページを拝見させて頂いたのですが、」

 

営業マン

「○○という事業を展開されていらっしゃったので、」

 

営業マン

「もしかしたら弊社サービスとの相性が良いかと思いご連絡させて頂いたのですが、、、」

 

 

 

ということです!!

 

 

あくまでも、

「自分たちがこういうことをやっているから電話しました」

ではなく、

 

「あなたたちがこういうことをしていたので、

弊社のサービスを活用する事でメリットがあると思い電話しました」

 

というスタンスです!!

 

【自分】から【相手】に意識を変えるだけで

与える印象も大きく変わって来ます!

 

これだけで大きくコンバージョンも変わって来ますので、

テレアポでお悩みの方は是非お試し下さい!

 

 

 

はらです^^テレアポ、総合営業支援ならお任せください!

この記事を書いた人

原紀子

原紀子

レイゼクスのアイドル原ちゃんです! 好きな食べ物は氷です!最近はドトールの氷にハマってます。 会社では営業、広報、経理、赤ちゃんを担当しています! フラフープで踊ってる動画があるので是非探してみてください♡

最近書いた記事