• TOP
  • すべて
  • 20代で営業職を選ぶメリットとは?起業したい!成長したいという学生、就活生こそ営業に注目!

株式会社レイゼクスの  20代で営業職を選ぶメリットとは?起業したい!成長したいという学生、就活生こそ営業に注目!

人気記事BLOG
2015/09/28

20代で営業職を選ぶメリットとは?起業したい!成長したいという学生、就活生こそ営業に注目!

20代で営業職を選ぶメリットとは?起業したい!成長したいという学生、就活生こそ営業に注目!

どうも。

仲村です。

 

レイゼクス社長

 

弊社では新卒やインターン、アルバイトなど、学生さん向けの求人に力を入れているのですが、弊社に応募してくる人の大半は「営業を学びたい」という子達です。

 

まぁ、弊社は営業やマーケティングに関係するサービスを行っているので、当たり前といえば当たり前ですよね。

 

しかしながら、学生さんの中では「営業」という職種はあまり人気がないという話も耳にしたことがあります。

 

おそらく、営業というと、

 

「ノルマが厳しそう・・・」

「仕事が大変そう・・・」

「上下関係が厳しそう・・・」

 

というイメージを持っている人が多いのではないかと思います。

 

「体育会系のノリが苦手・・・」

「人付き合いがめんどくさい・・・」

 

なんて考える人も、以前に比べて増えていそうですね。

 

確かに、厳しい面や大変な面もありますが、それはどの仕事でも同じです。

 

もちろん人付き合いも多いですが、逆に言えばそれだけ人脈を広げるチャンスでもありますし、コミュニケーション能力を高める機会でもあります。

 

自分自身もこれまで営業以外に色々な業種、職種を経験してきましたが、どの仕事にも良い点と悪い点があります。

 

よく学生さんなどは、「マスコミ」とか「コンサル」とか、なんだかカッコイイ響きだけにとらわれて、イメージが先行してしまうことがありますが、これは非常に危険です。

 

自分も以前はそういったイメージ先行で仕事を選んでいたのですが、そういったイメージだけで選んでしまうと、実際に入社した後にイメージと違った、思っていた内容と違った、といったギャップが生じ、早期での退職、転職などにつながってしまいます。

 

もちろん、社会人経験のないうちから、全ての仕事を理解するというのは到底無理な話ですが、少しでも理解することで、そういったミスマッチがなくなるのではないかと思います。

 

ということで今日は営業をやるメリットをお話ししたいと思います。

 

「営業」を選ぶメリット

営業を学ぶメリット

 

営業はどんな人でも一度は聞いたことがある職種だと思います。

 

一般的には「ものを売る仕事」として認識されており、トップ営業マンなどは企業の花形ポジションですよね。

 

もちろん、「売上」という最も分かりやすい成果基準があるので、やればやるほどお金を稼ぐことが出来るのも営業の特徴です。

 

そんな営業を行うことで得られるメリットは大きく次の6つだと思います。

 

①「モノを売る」というビジネスで最も重要なスキルが身につく

営業職をやるメリット

 

ビジネスの基本は「仕入れ値以上の価格で商品を売り利益を出す」ということです。

 

どんなに良い商品を持っていても、高い技術力があっても、それが全く売れなかったらビジネスは成り立ちません。

 

逆に言えば、「モノを売るスキル」さえあれば、全くゼロからのスタートをしても、いくらでもお金を作ることができ、ビジネスを成り立たせることが出来ます

 

「そもそも売る商品がない」と言っている人もいますが、代理販売をしてもいいですし、このご時世商品など探せばいくらでもあります。

 

②人脈が増える

 

出来る営業マンほど「人に会う」事を大切にします。

 

営業マンは人に会ってこそナンボです。

 

当然、人に会えば会うほど人脈は増えていくのですが、自分を評価してくれた人や、仲良くしてもらっている人から更に紹介をしてもらったりすることで、更に広い人脈を築くことが可能です。

 

仕事を通して得られる人脈は、仕事でまた繋がることが多いので、人との出会い分これから先可能性が広がっていくのです。

 

③顧客と直接関わるので、やりがいを感じやすい。

やりがいを感じる 営業

 

直接お客様と関わり、お客様の課題を解決するためにサービスを販売します。

 

その結果、「◯◯さんのおかげで売上があがったよ!」「◯◯さんのおかげで経費がすごく削減できたよ!」など、自分のやってきたことが直接返ってきます。

 

「誰かに必要とされ、頼りにされる」経験を多く積むことが出来るのです。

 

もちろん、感謝を受けるケースも多いですが、逆にクレームなども直接受ける事がありますが、それも自分を成長させるための貴重な意見です。

 

いずれにしても、直接顧客と関わるという事は、「やりがい」をすごく感じる仕事になるかと思います。

 

④競争力・目標達成力が身につく

 

営業であれば、ほぼ100%の企業で、「営業目標数値」というものが存在すると思います。

他の部署と異なり、「売上」という絶対的な指標があるため、評価がしやすいと同時に、結果がモロに数字に反映するシビアな世界でもあります。

 

その中でどのように目標を達成するのか、という逆算思考や、業務遂行能力が鍛えられます。

 

目標を達成できる営業マンは、営業だけでなくビジネスマンとしてもとても信頼されますし、「仕事が出来る人」として周りから評価を受けることでしょう。

 

⑤コミュニケーション能力が身につく

 

人と多く接するということは当然、様々なタイプの人と接するということです。

 

ということは、

 

「こういった人にはこういう対応がいいな」

 

とか、人に合わせた対応が経験上上手くなっていきます。

 

また、人と話すことに抵抗があったり、人見知りだとしても、たくさん「人と話す」という経験を積むことで、そういった苦手意識もなくなっていきます。

 

なので、「コミュニケーションをとるのが苦手だ」と思っている人ほど、営業は良いかもしれません。

 

もちろん最初は誰でも抵抗がありますが、慣れてしまえばどうってことありません。

 

こういった経験を積むことで、仕事だけでなくプライベートでも役に立つこと間違いなしです。

 

⑥お金を稼げる

 営業 お金稼げる

 

先程も述べましたが、営業は「売上」という非常に分かりやすい基準があります。

 

分かりやすいということは、給料を上げる為の査定もシンプルです。

 

売上を上げればいいのです。(厳密にはそれ以外にもありますが。)

 

他の職種に比べ、基準が明確なので批判も受けずらいですし、やるべき事は明確です。

 

売上をどんどん上げれば給料もどんどん上がるのが営業の世界です。

 

もちろん、「何をしてでも売上を上げればいい」なんて考えは現代社会では通用しないと思いますが、「売上を上げられる営業マン」というのはいつの時代でも重宝されます

 

成果主義でもあり、競争社会でもありますが、これからの時代、そういった所で違いを出していける人ほど企業は必要としていくでしょう。

 

まとめ

営業やるメリット まとめ

 

いかがでしょうか?

 

営業をやることで、たくさん身につくスキルもありますし、人脈も広がります。

 

特に体力のある20代のうちは、どんどん挑戦できる営業というのを一度は経験しておくと良いと個人的には思います。

 

何をやるにしても営業で学んだ経験は活かせますからね!

 

レイゼクスでも営業やマーケティング職の募集をしておりますので、気になる方はお気軽にご連絡くださいませ!

 

■正社員(新卒)

募集職種:営業・コンサルタント

 

■学生インターン

募集職種:営業・コンサルタント

 

■アルバイト

テレフォンアポインター・マーケティング

 

詳細はこちら

 

その他中途採用や第二新卒の採用も随時行っておりすので、まずは一度ご連絡ください!

この記事を書いた人

仲村 達史

仲村 達史

東京都練馬区出身。昔は夢の内容をコントロール出来る能力を持っていた。(と言い張っている。)好きな言葉は「炭酸飲料水」「3安打完封」。最近反町隆史のカッコ良さに改めて気付く。2013年レイゼクス創業。六本木ヒルズが好きだからヒルズの近くにオフィスを構える。

最近書いた記事