• TOP
  • すべて
  • 若手をリーダーに抜粋!?役職やポストが意識を変える!

株式会社レイゼクスの  若手をリーダーに抜粋!?役職やポストが意識を変える!

人気記事BLOG
2015/12/24

若手をリーダーに抜粋!?役職やポストが意識を変える!

若手をリーダーに抜粋!?役職やポストが意識を変える!

学生時代、私は野球部だったのですが、キャプテンを任されていました。

 

当時は1年のうち300日以上は部活に打ち込んでいましたが、今考えればブラック企業並みですね!

 

つまり、好きな事や夢中な事で、夢を持って皆で頑張っていれば苦にならない

ということ!

 

ベンチャー企業で働く人にも同じ事が言えるかもしれません!

 

 

さて、話は戻りますが、私は特に野球が上手かったわけでもエースだったわけでもありません。

 

ではなぜキャプテンを任せられたのか?

 

 

 

 

・・・・・

 

 

 

 

やる気があったからですね!

 

誰よりも大きな声を出していましたし、率先して行動する事を心がけていました!

 

尊敬する人は松岡修造さんです!

 

それを見てくれていた監督が「キャプテン」というポストを私に与えてくれたのです!

 

会社での役職

会社での役職

 

キャプテンというのは上下関係でなく、まとめ役として任されていたわけですが、社会に出ると「役職」としてポストを与えられます。

 

特に営業の場合だと、成績を上げれば役職が上がる事が多いです。

 

「若手がプロジェクトリーダーに抜粋!」

 

とか憧れます!

 

これは会社の方針やその人の人柄にもより、鶏が先か卵が先かという話ですが、

 

タイミングが合っているか「こいつは優秀だから昇格させよう!」

 

というパターンもあれば、

 

タイミングが合っているか「こいつはやる気があるからポストを与えてみよう!」

 

 

と期待を込めた抜粋のパターンもあります。

 

前者は結果を残しているので周りも納得する事が多いですが、後者だと疑問符を付ける人もいると思います。

 

そうなると、なおさら結果を出さなくてはいけない!

 

と、必死に頑張るものです。

 

 

どんなに優秀な人でも、やる気がある人でも、必ず成功するかはわかりません

 

しかし、例え失敗したとしてもその人は「経験」というお金では買えない武器を手に入れる事ができるのです!

 

役職や肩書きがあるのとないのでは、周りからの見られ方も変わりますし、なにより責任の大きさが変わります。

 

感じ悪い「なんかあったら上司に任せればいいや

 

というスタンスと、

 

worrier_01_g_bk「なにかあったら自分が責任を取らなくてはいけない・・!」

 

 

というスタンスであれば、後者の方が必死になり、打開策を考えるのは当然です!!

 

つまり、責任は大きければ大きいほどプレッシャーにもなりますが、成長するチャンスなのです!

 

まとめ

役職が人を変える!

 

私もキャプテンを任せられ、たくさん失敗もしましたが、他の人には出来ない経験をたくさんさせて頂きました!

 

そして社会人になってからも、そういった機会があれば積極的にアピールしてきました!

 

会社によっては年功序列制度が色濃く残っていたり、中々ポストが空かなかったり、ということもあるでしょう。

 

しかし、そうは言ってもチャンスは与えられるものではなく自分で掴み取るもの!!!

 

特に若手はどんどんチャンスを掴みに行くべきだと思います!!

 

責任のあるポスト、仕事を任せられるようになればなるほど、成長速度は加速していくのです!