• TOP
  • すべて
  • ベンチャー企業必見!法人税引き下げ!?日本と海外の法人税

株式会社レイゼクスの  ベンチャー企業必見!法人税引き下げ!?日本と海外の法人税

人気記事BLOG

ベンチャー企業必見!法人税引き下げ!?日本と海外の法人税

ベンチャー企業必見!法人税引き下げ!?日本と海外の法人税

先月で1期目を終え、これから決算です。

 

黒字だとは思うのですが、

怖いのは、法人税。

 

「利益出てると、法人税大変な事になりますよ〜」

 

と、税理士から散々脅されていたので、

いったい国からいくら請求されるのかと思うと、

夜も眠れません。

 

 

どうも。

 

 

仲村です。

 

 

 

阿部総理が法人税率を20%台に下げる意向を固めた、と

先日、ニュースでやっていました。

 

 

法人税が下がるという事は、

法人の税金の負担が下がるという事!

 

 

やった!

 

 

 

と、思ったのですが、ロクに税金の事も知らず。

 

 

よく考えたら税金の事をちゃんと理解していないと

今後の会社経営にも影響が出る!

 

ということで、色々と調べてみました。

 

 

ちなみに現在の法人税率ってご存知ですか?

 

 

 

日本の法人税

graph-163509_1280

 

東京都の場合、法人税は35,64%だそうです。

(内訳:国税23,71%、11.93%)

 

ご存知だと思いますが、法人税とは

「法人の所得」に課税するものです。

つまり「利益」に対してかかる税金です。

 

当たり前ですが、 利益が出ている会社ほど、

法人税は高くなるのですね。

 

 

外国の法人税

 

海外の法人税

 

ちなみに日本以外の各国実効税率は、

 

■アメリカ(カリフォルニア州) 40,74%

■フランス 33,33%

■ドイツ 29,59%

■中国 25%

■韓国(ソウル) 24.2%

■イギリス 23%

■シンガポール 17%

 

だそうです。

 

ジャパン、高いですね。

 

そしてそれ以上にアメリカが高い、、、、

 

 

アメリカンドリームを掴むには、

それなりの税金を納めないといけないようです。

 

 

まとめ

 

高い高いと思っている法人税ですが、

それでも1980年代をピークに徐々に下がっています。

 

つまり、 我々中小ベンチャー企業でも

勝負が出来る土壌が出来ているのです。

 

 

ちなみに、一説によると

7割の企業は法人税を払っていないそうです。

 

 

中小ベンチャー企業の皆さん、

しっかりと利益を出して、

会社を拡大していきましょう!

 

売上げアップのお手伝いはお任せ下さい!

この記事を書いた人

仲村 達史

仲村 達史

東京都練馬区出身。昔は夢の内容をコントロール出来る能力を持っていた。(と言い張っている。)好きな言葉は「炭酸飲料水」「3安打完封」。最近反町隆史のカッコ良さに改めて気付く。2013年レイゼクス創業。六本木ヒルズが好きだからヒルズの近くにオフィスを構える。

最近書いた記事