• TOP
  • すべて
  • フロントエンド商品とバックエンド商品とは?ベンチャー企業こそ効果的な営業戦略を立てよう!

株式会社レイゼクスの  フロントエンド商品とバックエンド商品とは?ベンチャー企業こそ効果的な営業戦略を立てよう!

2016/10/03

フロントエンド商品とバックエンド商品とは?ベンチャー企業こそ効果的な営業戦略を立てよう!

フロントエンド商品とバックエンド商品とは?ベンチャー企業こそ効果的な営業戦略を立てよう!

どうも。

仲村です。

 

経営視点が身につく

 

突然ですが、「フロントエンド商品」「バックエンド商品」

ってご存知ですか?

 

マーケティングの現場、特にWEBマーケティングで

よく聞かれるこの言葉、ビジネスマンであれば

耳にしたことがある人も多いとおもいます。

 

簡単に言えば、フロントエンド商品とは「集客するための商品」で、

バックエンド商品とは「本当に売りたい商品」です。

 

一般的にはフロントエンドは「安価で買ってもらいやすい(試しやすい)」

バックエンドは「高額で利幅が大きい」商品を設定します。

 

なぜこのように分けるかというと、

「いきなり知らない人から高額の商品は買わない」からですね。

 

まずはお手軽に試して頂いて、良さを知ってもらい信頼を得た上で、

本命商品を買ってもらったほうがスムーズですし、

購入後のトラブルも避けられるメリットがあります。

 

「フロントエンド商品」と「バックエンド商品」というと

小難しい感じがしますが、日常生活の中にも

こういった工夫はされているケースが多いのです。

 

事例① 通販のお試しセット

通販 フロントエンド

 

健康食品や化粧品の通販などでは、

「500円お試しセット」みたいのをよく見かけますね。

 

これも「フロントエンド商品」と「バックエンド商品」です。

 

ここでいうフロントエンド商品はお試しセット

そして当然バックエンド商品は定期購入です。

 

いきなり定期購入となるとハードルは高いですが、

お試しした後であればそのハードルはグッと下がりますよね。

 

事例② 居酒屋のランチ

居酒屋のランチ

 

お昼時に街中を歩いていると、居酒屋がランチをやっている事があります。

ワンコインランチなど、かなりお得なラインナップです。

 

実はこれも「フロントエンド商品」と「バックエンド商品」です。

 

フロントエンド商品はランチ(昼)バックエンド商品はディナー(夜)です。

 

当然、居酒屋が利益を取りやすいのは、

お酒などドリンク類がよく出る夜の時間帯です。

そのために、昼は利益重視ではなく、認知向上やリピーター獲得のための

「集客目的」でランチをやっているのです。

 

事例③ 無料のセミナー

無料セミナー

 

よく、「自己啓発セミナー」「不動産投資セミナー」

とかを無料で開催しているのを見かけますね。

 

もちろんこれも「フロントエンド商品」と「バックエンド商品」です。

 

商材やサービスを販売するために、

無料というフロントエンド商品(セミナー)で集客するのです。

 

「無料のセミナーに来た人が本当に高額商品を購入するの?」

と思うかもしれませんが、実際にそこまで繋げられるから、

無料でセミナーをやっているのです。

 

このように、何気なく街を歩いているだけでも

たくさんの「フロントエンド商品」「バックエンド商品」

見かける事ができるのです。

 

まとめ

 

この「フロントエンド商品」と「バックエンド商品」の考えは

営業をやる上で非常に有効な考え方であり、

特に大手企業には予算でも信頼度では到底勝てない

少数の企業やベンチャー企業には効果的です。

 

世の中には、すごくいい商品やサービスを持っているが、

中々営業がうまくいかない、苦戦しているという企業が星の数ほど存在します。

 

そういった企業は、まずは売りやすい「フロントエンド商品」を考え、

どうやって利益の取れる「バックエンド商品」に繋げていくかを

しっかりと考えるべきだと思います。

 

弊社は1〜20名程度のクリエイティブ、IT関連の企業様を中心に、

営業の戦略から実働までをワンストップで行っておりますので、

気になる方はお気軽にご相談くださいませ。

 

レイゼクスお問合せ先