• TOP
  • すべて
  • 会社経営をして意識するようになった「浪費」と「投資」の考え方

株式会社レイゼクスの  会社経営をして意識するようになった「浪費」と「投資」の考え方

人気記事BLOG

会社経営をして意識するようになった「浪費」と「投資」の考え方

会社経営をして意識するようになった「浪費」と「投資」の考え方

どうも。

 

仲村です。

 

 

6/27で株式会社レイゼクスは

無事1周年を迎える事が出来ました。

 

本当にありがとうございます。

 

 

さて、会社経営を始めて1年が経過したのですが、

経営をする前と、した後で変わった事があります。

 

それは、意識の違いです。

 

どんな意識かというと、

 

「浪費」と「投資」

 

を考えるようになりました。

 

お金を使う際の考え方

 

お金を使う際には、大きく分けて

「浪費」「消費」「投資」の3種類があります。

 

「浪費」とはいわゆる無駄遣い。

不必要な支出。

 

「消費」とは企業活動を行う上で

最低限必要となる支出。

 

「投資」とは売上や収益を見込んで

使用する支出。

 

同じ金額を使うにしても、

どのように使うかという事が非常に重要なのです。

 

消費はしょうがないにしても、

経営者として無駄な浪費は極力抑え、

未来への投資を心がけるという事を

強く意識するようになりました。

 

お金以上に投資意識が必要なもの

 

さて、お金の使い方もそうですが、

それ以上に意識しているものがあります。

 

それは、「時間の使い方」です。

 

「時間の使い方」でも同じで、

ただなんとなく時間を過ごすのではなく、

自分や会社の価値を高めていける為の

「投資」の感覚をより持つようになりました。

 

時間

 

お金や容姿や環境等は皆違いますが、

時間だけは平等です。

 

時間を投資出来る感覚を持っている人が、

誰よりも成長し、未来をつくっていけると思ってます。

 

 

あなたも是非「浪費」と「投資」の意識を持ち、

「投資」にお金や時間を活用して下さい!

 

 

この記事を書いた人

仲村 達史

仲村 達史

東京都練馬区出身。昔は夢の内容をコントロール出来る能力を持っていた。(と言い張っている。)好きな言葉は「炭酸飲料水」「3安打完封」。最近反町隆史のカッコ良さに改めて気付く。2013年レイゼクス創業。六本木ヒルズが好きだからヒルズの近くにオフィスを構える。

最近書いた記事